うぇぶいき - 今日もWEBで生きている

AppleWatchやiPhoneなどのApple製品や流行りのモノ、食べ物など色々紹介しています。

会社員も結構良いよ!サラリーマンで良かった~と思うサラリーマンのメリット8選!

f:id:mamegoro:20180626145218j:plain

どうも、豆ゴロです。
豆ゴロ周辺のクラスタは、社畜は悪、フリーランス最高みたいな流れが多いように感じます。

ただ本質は自分の人生なんだからやりたい事、好きな事をやって行きていくべし!
サラリーマンでもそれが自分の好きな事だったり、会社で消耗していないならいいんじゃない?という感じなんでしょう。

ただ中にはそんな意図がなく、普通に見下している人が居るのも事実。
という訳で本日はサラリーマンの良いところ、メリットを考えてみようと思います。

サラリーマンのメリット

毎月安定した給料がもらえる

仕事を休んでも、真面目に働かなくても毎月必ず決まった日に決まった額がもらえるっていうのはすごく大きい。

仕事をサボってもお金がもらえる。クビになって仕事をやめさせられる事なんてほぼなし。
土日祝日は仕事のことなんて忘れてしっかり休んじゃっておっけー!

ボーナスがある

給料と同じような感じだけれど、年に数回ドカンとお金が入ってくるのって精神的にかなりアガる!
ボーナスで何買おうとか考えるだけで楽しいよね。

社会保障がしっかりしている

保険や年金など社会的な保証もありがたい。
もし会社が急に潰れても雇用保険があるし、仕事中に怪我をして働けない状態になっても労災保険もある。

毎月お給料から結構な額がひかれているけれど、いざという時や将来的にありがたい。
年金も国民年金+厚生年金がもらえるから、将来ぶっちゃけどうなるか分からないけれど国民年金だけの人よりは多くもらえる。

社会的な信用がある

これも結構大きい。会社の信用が自分の信用になるので、家や車のローン、カードの審査もなんなく通っちゃう。

年齢関係なく20代でも50代でも会社に所属しているだけで、同等の社会的な信用ができます。

大手企業の人とも対等に話せる

ものすっごい若手でも会社に所属していて、体外の人と話す場合は会社の代表者になるワケ。
他の会社の社長や役員、部長ともわりと対等に話ができたりします。

豆ゴロみたいな雑魚でも会社をバックにつけていたので今流行ってる大手SNSの会社、日本の社長とは大体面識があるぐらいです。

責任がない

100万、200万かけた施策が失敗しても給料がもらえなくなるわけではないし、クビになるわけでもなし。
失敗しても反省して次に活かせ!となる。
良い意味で責任がない。

庶務をする必要がない

経費の処理も細かくやらなくていいし、単純作業なら派遣の人や事務の人に任せればOK。

会社のお金で自己投資出来る

個人的にはこれが最大のメリット。
会社のお金で高額なセミナーに行ったり、スクールに行ったり出来る。

豆ゴロは25歳の頃に、月50万払ってもらって豆ゴロ専属のWEBマーケに特化したコンサルを1年ぐらいつけてもらったり、年間20万の研究会にもいれてもらったり色々お金かけてもらってました。
あの経験が本当に未だにでかい。

総括

うちの祖父も自営業だったし、義父も自営業だから、フリーの人や自営業の人を馬鹿にしているわけでもないし、普通にすごいなとは思う。

だけれど、サラリーマンだって捨てたもんじゃないよ~って話。
ブロガーやライターになりたいから仕事やめる!とかも良いとは思うけど、豆ゴロは仕事しながらぼちぼちやってる今がわりと安定していて幸せです。

フリーランスだからえらい!サラリーマンだからえらい!ってことは全くない。人を馬鹿にするもんじゃないってこと。

結果何を言いたいのかわからなくなった。