今日もWEBで生きている

略して「WEB生き」。豆ゴロが思いのまま書き殴ります。

【支払いの受け取り】入金送金振替対応!PayPalビジネス用アカウントの作り方【ブロガー必須】

f:id:mamegoro:20171129163353j:plain

どうも、豆ゴロです。
最近ブログに商品の紹介依頼がきたので実際に使ってレビューを書きました。
その際に執筆料のお話になったのですが、先方はPayPalでの支払いを希望されていました。

以前にPayPalの個人アカウントを作っていたのでそれで事足りるだろうと思っていたら、個人アカウントでは振替ができず大失敗。
そんな訳で本日は入金送金振込に対応したPayPalのビジネス用アカウントの作り方をご紹介します。

ブログを書いている方は作っておいたほうが良いかも?

スポンサーリンク

 

PayPalとは

PayPal Holdings Inc.(ペイパル、NASDAQ: PYPL)は、電子メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するアメリカの企業である。PayPal口座間やクレジットカードでの送金や入金を行う。
1998年12月にPayPal Inc.の社名で設立。2002年にeBayに買収されその子会社となっていたが、2015年7月にPayPal Holdings Inc.の社名で独立した。なお、日本を含む同社の国際部門は、シンガポール(PayPal Pte. Ltd.)を拠点としている。

PayPal - Wikipedia

概要は上記になりますが、サービスを簡単に説明するとネットショッピングなどで相手にクレジットカードの番号や、口座番号を知らせる必要がなく安全に金銭のやりとりが出来る決済サービスになります。

個人間の取引にも使用できます。特に対海外のショッピングなどで大活躍していますね。

ちなみに豆ゴロが以前に個人アカウントを作っていたのは海外サイトでツールを購入する為でした。

個人アカウントとビジネスアカウントの違い

f:id:mamegoro:20171129163414p:plain

基本的にショッピングをするだけであれば大きな違いはありません。
個人アカウントであれば5分程度で登録が完了出来るので、ショッピング目的の方は個人で問題ありません。

ただ、ビジネスアカウントではないとダメなことが1つあります。
それは「支払いの受け取り」です。

PayPalを経由して豆ゴロのように執筆料を貰う場合や、個人で何か物を売る場合などはビジネスアカウントでなければいけません。

ビジネスアカウントの作り方

まずは下記のページでビジネスアカウントを選択し、必要情報を入力していきます。

 https://www.paypal.com/jp/signup/

途中で事業者情報等の入力がありますが、基本的に自分の名前と住所、電話番号、銀行口座情報の入力をすればOK。
こちらは非公開の情報なので他の人に見られる心配はありません。
間違った情報を入力するとのちのち困ることになるので、正しい情報を入力しましょう。

そして本人確認手続きです。
以下に詳しい情報が載っていますが、基本的にスマホで免許証の表と裏を撮影し、アップロードするだけでOK。

 

f:id:mamegoro:20171129163503p:plain

ここでログインが出来るようになります。
そして1日前後すると本人確認が終了します。

その後、上記で登録した住所にPayPalより1週間前後で住所確認コードが郵送されるので、ハガキに記載のあるコードをPayPalの管理画面で入力するとアカウントが無制限で使用出来るようになります。

手続き自体はかなり簡単ですが、住所確認コードの郵送に少し時間がかかる為、近々で必要な場合は早めに登録をしておきましょう。

手数料は?

f:id:mamegoro:20171129163600p:plain

基本的に無料と謳っていますが、引き出しも250円はほぼ必ずかかります。

その他振込時にもいくらかとられます。

総括

ブロガーの場合、いつ何時執筆依頼が来るかわかりません。
本気でマネタイズしていく!という方はアカウントを作成しておいた方が良いかとおもいます。
ぜひお試しください!

スポンサーリンク